ボタニカンブログ

greenz
たぬき村でつながる庭づくりプロジェクトをウェブマガジンのgreenzさんに取り上げていただきました!

http://greenz.jp/2014/06/19/tanukimura/


とてもよくまとまっているいい記事でしたので是非ご覧になっていただければと思います。


また以前にたぬき村を取材していただいた世田谷くみん手帖さんにもつながる庭プロジェクトについて記事にしていただきました。

こちらも併せてどうぞ!


http://setamin.com/new/14112
- 17:34 comments(0)
つながる庭プロジェクト
私が事務所を構えている世田谷の「たぬき村」、

今までおよそ3年ほど都市でのコミュニティーガーデンのモデルにすべくいろいろ活動してきました。

たぬき村自体は敷地内にあまり土の部分がなく庭としての利用は限られていたのですが、

活動を通してご縁ができたお隣の広いお庭を

たぬき村のガーデンの一部として利用させていただけることになり

この春から本格的にワークショップ形式で庭づくりを進めていくことになりました。
 
名付けて「つながる庭プロジェクト」
 
たぬき村を都市型のひとつのコミュニティーガーデンとして整備していきながら、

他の機能を持つ様々なガーデンとつながっていくプロジェクトです
 
詳しくは下記のサイトから

 
「つながる庭プロジェクト」

 
現時点では、
 
たぬき村でも色々とハーブのワークショップをやってくださっているトトラボさんの拠点、

横浜市日吉にある「ヴィヴォの家」のガーデンを学べる庭として、
 
また神奈川県相模原市の藤野地域の耕作放棄地を活用した

ボタニカンの次の展開である「ボタニ園」を都市と農村とつなぐ場所として、
これから整備してつなげていきます。
 
ヴィヴォの家のガーデンづくりは先月から始まっていますが、
 
たぬき村のガーデンづくりは3/6(木)より始まります。
 
問い合わせなどは繋がる庭プロジェクトのサイトからか、
 
ボタニカン矢田まで メール: info@botanican.jp
 
どうぞご興味のある方はお問い合わせ、ご参加ください!
- 22:40 comments(0)
世田谷くみん手帖
すっかりご無沙汰してます!

久しぶりの投稿となりますが、

世田谷の情報発信サイト「世田谷くみん手帖」さんにたぬき村のことを取り上げていただきました!

とても分かりやすくまとめていただいてます。

是非ご覧になってください!

たぬき村記事
http://setamin.com/kurashi/12557

世田谷くみん手帖
http://setamin.com/

 
- 23:53 comments(0)
マンションラボ記事
 すっかりご無沙汰しております。

おかげさまで毎日現場つづきで忙しくすごしており、

このブログもなかなか更新できなかった次第です。

そんな中、マンションラボというサイトにて、

私の活動拠点の「たぬき村」を取り上げていただきました!

是非ご覧になってくださいね。

http://www.mlab.ne.jp/community/community03/community03_20121030/



最近は色々面白い仕事しておりますので、

それらも随時アップしてきます!

- 00:33 comments(0)
若松町シェアハウスのガーデン
 先日、縁があってお庭づくりを手伝うことになった

新宿区若松町にあるシェアハウスの

オープンハウスに行ってきた。

都市にコミュニティーガーデンを作ることがライフワークの自分としては

ここにひとつのモデルになるようなものが作れればと思う。


小さな庭だけど(都会は大体庭が小さい)、

場作りだけでなくコミュニティーづくりに繋がるヒントができれば。。


- 00:13 comments(0)
コレクティブハウス聖蹟桜ヶ丘
 以前にお話をもらっていた

コレクティブハウス聖蹟桜ヶ丘の屋上ガーデンプラン。

先月からまた動き出しました。


一度僕のほうでプランしたものをタタキに

住民のみなさんで意見を出し合いました。



次は具体的なアクションに繋がるか。。




- 22:31 comments(0)
再開します!
この春の、フリーになって以来経験したことのない忙しさで
すっかり滞っていましたが、ブログ再開致します!



もともとあまりマメでないのですが、
継続は力なり、あまり気負わず続けていければと思ってます。



最近のやった現場。

まだ許可とってないので一枚だけ。。




都会の真ん中に森を作ってきました。

- 23:51 comments(0)
都市にコミュニティーガーデンを作ろう!
 
★都市にコミュニティーガーデンを作ろう!キックオフミーティング
 
 
都市において持続可能な暮らしや社会を目指すとき、今、本当に必要なものは
コミュニティーガーデンという場ではないか、都市のあらゆる問題解決の糸口は
そこにあるのではないか、またそこに内包できるのではないか。
 
そんな思いを形にすべく、都市にコミュニティーガーデンを作るためには
どのようなアクションを起こしたらよいかを考え、そして具体的に実践していこう!
ネットワークを作ろう!という会のキックオフミーティングを行います。
 
昨年も何度か勉強会という形で開催しましたが、もっと実践に重点を置いた活動に
シフトし定期的におこなっていきたいと思ってます。
 
コミュニティーガーデンという場は、庭づくり、菜園づくりの要素だけでなく、
コミュニティーデザイン、まちづくり、エネルギー、経済、衣食住など暮らしに関わる
すべての分野を包括する、都市の問題解決の土台となる可能性を秘めているもの
なので、是非色々な方に参加してもらえたらと思ってます!
 
今回は
 
・ネットワーク作りも兼ねて参加者同士の懇親、
・コミュニティーガーデンについてのシェア、
・どう実践していくか(場所、アプローチ、方法、システムなど)
・今後の活動について、
 
をおこないたいと思います。
 
 
ちょうどごはんどきだし、あまり硬い雰囲気にならないようポットラック形式で持ち寄ったものを
飲食しながらやろうと考えてます。
アルコールもアリ、持ち寄りは強制ではないので持って来れる人だけで大丈夫、
自分の食べる分だけ持ってきてもOK、キッチンがあるので温めたり、軽い調理も可能です。
 
 
 
■日時:2012年3月12日(月) 19:00〜21:00
■場所:世田谷たぬき村 (東京都世田谷区砧2-11-14 ホームページに地図あり)
■費用:無料
 
■申し込み&お問い合わせ: パーマカルチャーガーデン世田谷まくびとinfo@makubito.com
                ホームページhttp://www.makubito.com/
- 23:29 comments(0)
世田谷たぬき村にツリーハウスを作ろう!
 世田谷たぬき村にツリーハウスをつくろう!

オルタナティブな暮らしと情報発信の場として整備している東京世田谷区砧にあるたぬき村に、
そのランドマークとしてツリーハウスをつくります!
都市の中にツリーハウスをつくるということが一つの社会を変えるアクションになるのではないかと企んでいます。

そこで、どんなツリーハウスを作ろうか、どう使おうか、どうやって作ろうか、材料どうやって集めようか、
などそんなことをイチから一緒になって考えて、一緒に作っていける仲間を募集してます。
考えることが好きな人や作業が好きな人、ツリーハウスを使って何かやりたい人など色々な人がいると楽しいです。

まずその第一弾として、仲間づくりも兼ねてツリーハウスについてもっと知る会を催したいと思っております。
講師/アドバイザーにはツリーハウスづくりのプロ、ツリーヘッズ代表の竹内友一さんを迎えて
みんなでその可能性について考えてたいと思います。
木工や大工の経験などは問いません、
長期のプロジェクトになると思うので長く関われる方募集したいです

日時:2012年3月6日(火) 19:00〜21:00
場所:世田谷たぬき村 (東京都世田谷区砧2-11-14 ホームページに地図あり)
費用:無料

申し込み&お問い合わせ: パーマカルチャーガーデン世田谷まくびとinfo@makubito.com
                                    ホームページhttp://www.makubito.com/




講師/アドバイザー 竹内友一(treeheads&Co)

Tree Heads & Co.
「樹木中毒とその仲間たち」という名のツリースケープ・アート集団。樹木と人間とのバランスを調整し、より新たなライフスタイルを提案。樹木の周辺環境に合わせて、剪定や伐採、またツリーハウスの制作などを全国各地で行なっている。

ホームページhttp://www.treeheads.com/
- 00:27 comments(0)
「スウェーデンしあわせ薬草生活」
 2/26(日)のトトラボさんのダブルイベントです。
ボリュームたっぷり、先のフィジーと併せてどうぞ!

-----------------------------------------------------------------------

やつばやしもとこの「スウェーデンしあわせ薬草生活」最終回 特別編
〜ひと足早く、スウェーデンの春〜


  シリーズ最終回の今回は、生命力あふれる春のスウェーデンの様子をお伝えします。
長い冬を終えて、やっと訪れた「春」は北国のひとたちには特別な意味を持ちます。光と開放感に溢れ、何もかもが地上に再生し始めるこの時期、スウェーデンではどこの地域でも人々の顔はぱぁっと明るくなり「ああ、春がやってきたのだな」と感じます。フキタンポポ、シラカバ、イチゲなど・・・春を代表する植物や、春の訪れを祝うヴァルボリ(valborg)のお祭りなど現地での経験した春を迎える季節のお話すると共に、北欧神話などに垣間見える、スウェーデンの違った一面や文化を、五感を使って体感していただきます。

♪フィーカのお誘い♫
最終回ということで、すこしお祭り気分を楽しんでいただくために、季節限定で食べられるお菓子「Semla(セムラ)」とハーブティーで、スウェーデンでの日常を切り取ったようなフィーカ(お茶の時間)を楽しみます。

【日程・内容】 2012年2月26日(日)15:30-17:00
【講師】やつばやしもとこ(薬草生活研究家)
【会場】たぬき村  東京都世田谷区砧 2-11-14 京利マンション3階3A
最寄駅:小田急線千歳船橋駅徒歩10分/東急線からはバスが便利です。実相寺前下車徒歩3分 
【定員】15名 ※最少遂行人数に達しない場合は開講しないことがあります。
【お申し込み先】E-mail: school@totolab.com /Fax: 044-856-4278
※ お名前、電話番号、ご住所を明記ください。
【参加費】3,000円(税込)
※開催日から1か月前まで、またはお申込1週間以内に下記の口座までお振込みください。
口座名義:トトラボ 口座:三井住友銀行 たまプラーザ支店 普通0420095 
※同日13時から「フィジー、カヌーピープルの薬箱 Vol.4」のワークショップも行います。両ワークショップ参加の方は2つのワークショップで5,000円となります。

【講師プロフィール】
やつばやしもとこ(薬草生活研究家)

日常生活でのバランスの取れた植物療法を日々研究中。2000年にスウェーデンに初めて留学しメロディのようなスウェーデン語の響きにふれてから、その生活のリズムやひとびとの考え方に魅了され三回の渡瑞(「瑞」はスウェーデンのこと)を経験。その中で特に印象的なのはスウェーデンの森。「森にブルーベリーを摘みにいく」ことが趣味になりうる国で、人間本来の「自然とつながりたい」という欲求を極々自然体で楽しんでいる人々からいろいろなことを学ぶ。現在は日本在住、植物の恩恵を使用してより充実させた「各個人の日々の成長」をサポートさせて頂くことをモットーに日常の暮らしの中でハーブやアロマテラピーを気軽に楽しんでもらうためのしかけ作りをするための試行錯誤が楽しくてしかたがない日々。Dr.E.Bach財団公認プラクティショナー。

- 22:49 comments(0)